今年のベスト店

いよいよ2016年も残り2日となりました。
本日は恒例シリーズの第一弾、ベスト特集です。

 

とはいいながら、今年は生活環境の激変(去年からですが)で新規開拓は皆無とは言いませんが激減。

友里征耶活動の根源であった「日刊ゲンダイ」のコラムを休載しておりますのでわざわざCPの悪い(店主の性格が悪い)店に飛び込む必要がなくなったのであります。

 

よって、接待など仕事絡みの訪問が主体となったため、訪問店は

 

ほぼリピートのみ

 

となりました。

 

本日はまず友里がリピートしている店をリストアップし、最後にニューカマーを紹介させていただきます。

 

 

リピート店

 

フレンチ:シェ・イノ、ロオジエ

イタリアン:クチーナ・ヒラタ、小さな台所ひらた、トルナヴェント、アンビグラム、ロッツオ・シチリア

和食:御料理はやし、龍吟、くろぎ、京味、松川

鮨:大河原 きよ田

ステーキ:ルースクリス、かわむら

洋食:WE ARE THE FARM、吾妻(今年は1回かも)

焼肉:きらく亭

 

 

ニューカマー

フレンチ:該当なし

イタリアン:メログラーノ

和食:宮坂、味ひろ

 

フレンチはもしかしたら国内では未訪問の店に行っていないかも。
SUGALABOは度量のない小山薫堂オーナーが拒否で断念。
陰で反発(友里FB関係者の閲覧拒否)したナベイズムも推して知るべしか。

メログラーノは21時を過ぎないとアラカルト注文できないようですが、価格がリーズナブルなので致し方ない。
料理はビフィイ テアトロ時代のスペシャリテもあります。

宮坂は、味の濃い「未在」の面影をそれほど感じません。(お椀の吸い地に吉兆特有の傾向を若干感じる)
訪問を重ねるたびに美味しくなってきたように(友里好みに)感じます。
一番の評価は予約のしやすさ。

京都のアフォな店と違って、半年、1年後まで満席にせず、原則は翌月のみ。帰り際予約客のみ2ヶ月後の予約を入れているので、現時点で予約は簡単に入ります。
鮨もそうですが、1年後の予約なんて毎月リピートする人以外は大きな迷惑であります。

京味から独立した「味ひろ」ですが、京都和食を真似たのか数ヶ月先まで予約を入れているようです。
はやくも予約が困難に。

この原因は「新ばし 星野」と同じく、京味に行かない、行けない自称食通&外食好きが押し寄せているだけではないか。

修業店である京味以上に予約困難の理由はそれ以外にないと考えます。

 

 

年末のブログ更新予定です

 

 

継続は力なり 

逆の意味で誤用の可能性もありますが、ブログの継続が困難となって今や飲食業界では

 

埋没状態

 

となってしまった友里征耶の今月2回目のブログ更新であります。

 

 

10年以上、毎日更新をしていた友里ブログでありますが、1度更新を怠ると人とは弱いものなんですね。

更新するのが正直面倒になり徐々に更新が減少。

ついには

 

ほぼ更新ゼロ状態

 

になってしまいました。

 

 

本業が忙しい、朝の4時から社員に指示メールを何10通も打ち続けているから更新する時間がない、との弁解も

 

それならどちらか引退しろ

 

でオシマイ。

 

どちらをとるかで本業を優先していたのであります。

 

独立して稼ぐのが大変になってブログ更新を怠っている佐藤尚之(さとなお)を批判できなくなりました。

 

 

しかし友里征耶しかやっていないこの年末行事(ワースト発表)だけは端折るわけにはいかないと、ここに年末の恒例行事予定を挙げさせていただきます。

 

 

12/30(金)  今年のベスト店

 

12/31(土)  今年のワースト店

 

 

幸い?なことに、今年の出禁はありませんでした。

いやその傾向がみられる店は1軒あるのですが・・・

 

 

それでは12/30、31をお楽しみに。

 

 

 

初めてやってしまった、連絡なしのドタキャン

11月末から出張に出ておりましてブログやツイッター、FBの更新が出来ませんでした。

ホテル滞在時間中は睡眠以外は本業でのメールや電話でのやりとりに終始と、時間的(精神的)な余裕がなかったからであります。

あらためて

 

2年前までとはうって変わった生活環境の変化

 

を痛感しております。

 

 

 

さて11月末、社員たち(10数人)とドイツはデュッセルドルフの地を訪問していたと思ってください。

 

デュッセルドルフではなんと言ってもアルトビール。

社員たちにも本場のアルトビールとビアホールの雰囲気を味わってもらおうと予約したのは行くたびに訪問する

 

IM FUCHSCHEN

 

でありました。(下記のブログは2013年のものですが昨年末も訪問済み)

 

http://tomosato.net/weblog2/?m=20130102

 

 

 

男10数人という不自然な団体に旧市街地のノエルマーケットを案内しながら店を目指したため、いつものルートから外れてしまった友里。反対の方向から店を目指したのが間違いでありました。

 

目印である

 

狐のマーク

 

を連れたちが見つけたので何も考えず飛び込んでしまった。

 

繁盛店なので事前予約をしていたのですが店内はガラガラ。ちょっと雰囲気が違うんですね。

でも下手な英語で予約している「・・だ」(友里の本名)と言ったら、すぐさま12名の席を用意してくれたのでそのまま座ってしまった。

後で考えると、予約していたんだからあらかじめ

 

席が用意されているはず

 

と疑うべきでありました。

 

 

アルトビールは直ぐ来たのですが、飲み終わるとすぐさま追加を置いてくる

 

わんこそば商法

 

にまず驚き。

いつもの店はこちらが要求しなければビールを置いていかなかったはず。

 

またよく見ると、ホールスタッフの出で立ちも違うんですね。制服ではなく私服でしかも女性のスタッフもいました。

 

そして何よりガッカリしたのが料理メニュー。

アイスバインやお目当てのMETT(生の豚肉。タルタルステーキのようなもの)などがないというか、種類が少なく選択肢がないんですね。

 

昨年末とまったく違う業容に、

 

経営が変わったんだろう

 

と無理に納得し、仕方なく数少ない料理とあまり美味しくないアルトビールで腹を一杯にして店を後にしたのであります。

 

 

帰路はいつものルートをとった友里一行、100メートルほど歩いて行ったらなんと同じ狐マークの店、しかも店外まで溢れる繁盛店が目の前に出てきたではありませんか。

そうなんです、まったく中身が違うけど同じ店名で同じ狐マークの店が

 

同じ通りに2軒存在していた

 

のであります。

 

既に予約時刻から2時間近く経過しておりまして、今さらキャンセルの連絡を入れるのも変だとそのまま素通りしたのであります。

 

 

でも悔しかったので翌日の昼に暇な2名を連れてホンモノの「IM FUCHSCHEN」に再チャレンジしたのはいうまでもありません。(この店は朝の9時から通しで夜中まで営業しています)

 

もちろん、アイスバインだけではなくMETTも食べてしまいました。

sIMG_5925

 

 

 

 

sIMG_5926

 

 

sIMG_5924

上の料理写真ですが、上からMETT、アイスバイン(本当の料理名は違っていた)、そしてこの時期のスペシャルというケールとジャガイモを混ぜたものであります。

このケール&ジャガイモはドイツの家庭料理なんでしょうか。

ノエルマーケットの屋台でも売っていたので食べたのですが、ホント、美味しかったです。

 

ドイツ料理に美味いものなし、と言われておりますが、友里はこの手の料理が大好きだとあらためて実感したデュッセルドルフ訪問でありました。