遅ればせながら「日本死ね!!!」について

文化である不倫(石田純一談)を国会議員に規制しても、確かに国民には何のメリットもないでしょう。

 

 

http://anond.hatelabo.jp/20160215171759

 

 

でも、賄賂を認めても何の解決にもならない。

 

問題は、保育士の待遇、各自治体のマイルール、そして面倒な規制であります。

 

 

http://bylines.news.yahoo.co.jp/komazakihiroki/20160217-00054487/

 

 

 

国会議員の数を半減しても、いや無報酬にしてもその額は知れています。

そんなことより、保育士や介護士などの待遇を良くするには

 

特権階級との格差是正

 

でありましょうか。

 

 

特養を筆頭に、病院(中規模まででしょうか)、老人介護関連を経営する理事長周辺、どこまで儲ければ気が済むのか。(税金から)

 

 

フェラ~リやバーキン&ケリー、そんなに買ってどうするの?

 

 

問題は特養や病院の利益を監視するだけでは意味がない。

メスを入れるのは

 

理事長周辺のプライベートカンパニー

 

ではないか。

 

特養や医療法人の仕入れに己のプライベートカンパニーを噛ませることによって

 

 

本家の利益を圧縮し、プライベート周辺へその利益を還付

 

 

特養や医療関連からフェラ~リやエルメスに流れる金額はどれほどのものなのか。

資本主義のもと、自由競争という需要と供給の原則から儲けているならまだしも、既得権というか特権で守られての利益での贅沢三昧を是正すれば

 

保育士や介護士の待遇は劇的にアップするのではないか

 

と友里は考えるのです。

そのために、フェラ~リやエルメスの社員の待遇が下がるかもしれませんけど。

 

 

安倍昭恵さん、居酒屋やるより

 

保育園やれ

 

という声が上がらないのが不思議です。

 

 

 

 

dressingを更新しました

本日は宣伝のみであります。

 

ぐるなび系の店紹介サイトである「dressing」に参加しているのですが、久々に昨日更新しましたのでお知らせします。

 

 

http://www.gnavi.co.jp/dressing/writer/yuuya_tomosato/

 

 

取り上げた店は

 

クチーナ(麻布十番)

 

であります。

もうスギ花粉は飛んでいるのか

先日知人と話していて気づいたのですが

 

今年はもう花粉が飛んでいるの?

 

50歳を超えてから花粉症の症状が軽くなってきたのですが(その反面、喘息の症状がでてきた)、この数年はほとんど自覚症状なし。

というか今年は現時点で

 

まったく不快な症状が出ていない

 

のであります。

 

そういえば、花粉症だけではなく風邪やインフルエンザにもこのところ罹った記憶がありません。

 

免疫力が上がっているのでしょうか。それとも今年はまだ花粉が飛んでいない?

 

 

思い起こせば40年以上まで、当時は花粉症なんて診断はなく、身内からは

 

風邪じゃないか

 

とか言われ続けた友里。

 

鼻水も半端な量ではなく、一晩でティッシュ1箱使うこともありましたし、鼻が詰まって息が出来ず死にそうに感じたこともありましたっけ。

 

それが現時点ではまったくの無症状。昔なら1月終わりか、遅くとも2月には症状が出ていたのであります。

 

この症状改善(症状が出ない)の理由は何なのか。

 

加齢による鈍感

 

ではなく、毎日朝晩飲んでいる

 

ヨーグルトドリンク(朝と晩でメーカーを変えております)

 

であると信じたい友里であります。