バドミントン選手だけではないだろ、不適切行為

今さら驚くニュースなのか、バドミントン選手の違法カジノ出入り問題。

 

 

 

バドミントンの新旧エース桃田・田児両選手が闇カジノで賭博…「100万円単位で賭け」関係者証言

 

http://archive.is/hYOBw

 

 

 

清原の麻薬問題しかり。

日本国民はスポーツ選手に清廉潔白を求めるというか、清く正しい人ばかりと錯覚をしているようですが、FIFAの賄賂問題を見るまでもなく

 

スポーツ業界が不正&金まみれ

 

であることは歴史が証明しております。

日本国のスポーツ選手だけが清廉潔白でいられるはずがない。

 

高校球児の喫煙や飲酒なんて日常茶飯事であったはず。

友里はなぜスポーツを神聖化するのか昔から不思議でありました。

学生時代に体育会系に所属していただけに、その実態をよく知っていたからであります。

 

 

違法カジノに出入りするのは確かに問題ですが、確か、現在でも現役を続けている金メの水泳選手も

 

六ヒルの○○部屋へ出入りしていた

 

との裏情報が蔓延していましたっけ。

あの薬物中毒死で元男優が捕まった事件に関してでありました。

 


ちょっと有名になると取り巻き(パトロンも)が寄りつき、彼らを色々な贅沢なところへ引き回すのは

 

タニマチと相撲取りの関係と同じ

 

 

若くしてこんな世界を知ってしまったら、勘違いするのは当然。今までの環境と真逆の世界でありますからね。

 

 

今回の問題で友里が気になったのは、違法カジノへの出入りではなく、その

 

賭け金の額

 

 

こう言ってはなんですが、いっかいのNTT東日本所属選手が

 

100万円単位で賭けていた

 

というのですから、その金銭感覚と言うより

 

その資金をどこから調達できたのか

 

という疑問。

どこからそんな単位のお金を入手したのか。

 

スポーツ選手を見たら違法常習者と思えとはいいませんが、

 

 

清廉潔白を期待するな

清廉潔白だと思い込むな

 

 

という友里的暴論で、本日のブログを〆とさせていただきます。

 

 

脱税、もとい、租税回避を画策するのが真の金持ちか

いや~、海の向こうではかなりの問題になっているようですね、各国首脳や有名人の脱税、もとい、租税回避の暴露。

 

 

http://archive.is/PlcEx

 

 

 

ロシアや中国のトップは否定しているようですが、脱税狙いでないなら

 

 

なぜ遙かに遠いパナマに口座(法人)を設立する必要があるのか

 

 

という大きな疑問。

 

 

ロシアや中国で公にされている報酬を受け取っているだけなら、わざわざパナマで会社を作る必要がないことは、サルでない限りわかるはずです。

年収が1億円行くか行かないかという庶民的な富裕層のレベルではパナマで脱税なんて効率が悪すぎます。

今来日中のウルグアイ前大統領(世界一貧乏な大統領)、パナマに口座を作っていないと推測します。

 

 

そこまでも行かない友里は

 

パナマの「パ」の字も思いつかなかった

 

 

確かに税金を払うのはなるべく避けたいと思うのが人情。

しか~し、国を代表する公人が税金の支払いを避けているとしたら

 

真面目な納税者にしめしがつかない

 

と友里は考えるのであります。

でも友里の本心は

 

 

パナマを使って脱税をしたくなるほど稼いでみたい

 

 

こんな暴論を発すると不謹慎だとまた怒られるかもしれません。

 

 

 

デロンギのエスプレッソマシン

またもや先週半ばから本ブログの更新を怠っておりました。

年度末のバタバタで(その他にも色々な問題が発覚して)朝からその対応に追われていたこと、そして年度初めの儀式もありまして、ブログを更新する余裕がありませんでした。

 

ただし、「色々な問題」と書きましても、普段からのコンプライアンス遵守と自称世界最高峰の頭脳による素早いと対応で対処済みでありますことをここに確認させていただきます。

 

 

さてそれでは、先週予告した自宅移転で買い換えた電機製品などの使用感に関して述べます。

本日はエスプレッソマシンであります。

 

 

 

デロンギ プリマドンナXS

 

http://barista.delonghi.co.jp/products/etam36365mb.html

 

 

 

今まで使っていたネスプレッソとは桁が異なる高額品。

さぞかし美味しいエスプレッソが飲めると思ったのですが・・・

 

 

まずそのお味より使い勝手の悪さ(面倒さ)に唖然。

設定がそうなっているからか

 

余熱や洗浄で、不規則に勝手にお湯が出てくる

 

ので、常に受けるコップを置いておかなければなりません。

よってタンクの水がすぐなくなる。

 

また、取説では毎日タンクだけではなく内部も取り外して洗浄しなければならないとのこと。(実際はやっていませんが)

挽いた豆のカス(これが結構大量に出ます)の廃却も必須。

 

ネスプレッソのようにカプセルを入れてボタンを押すだけではないのです。

 

 

しかも豆からいれますから、豆がなくなるまで同じコーヒーを飲み続けなければなりません。

数種のカプセルを同時に購入して、毎回違うエスプレッソを楽しんでいたネスプレッソと違って

 

毎回同じ味なので飽きる

 

可能性があるんですね。

 

 

それでは肝心のお味ですが、スペシャリティコーヒーをシティーローストしてもらった豆を使用しているので

 

 

雑味がなく味わいがすっきり

 

 

よく言えば澄み切ったお味、身内にはっきり言わせると

 

ちょっと物足りない

 

焙煎の度合いや抽出の濃さで「物足りなさ」が解決できるかは今後の課題であります。

 

 

結論としましては、見た目は格好良く自己満足しますが

 

投資対効果を考えるとイマイチか

 

であります。

少人数で構成された家庭では持て余すと思います。