石田純一の捨て身作戦も空振りか

投票日を前にして低迷続ける株価に加え、石田純一の都知事選出馬宣言(正確には野党統一候補よなる前提)というサプライズによる攪乱でもしやと思っていたのですが、参院選の結果は前評判通り

 

自公含めた与党の圧勝

 

で終わってしまったようです。

 

これにて本日から月末の日銀政策決定会合まで日経平均は上昇傾向となり、8月からはいつものように下落がはじまると株下手友里は予想。

よって先ほどヘッジを外しまして、含み損の株も含めてすべてロングだけとなっております。

 

憲法改正に必要な2/3にも、改正賛成政党だけでクリアしてしまったようですからこれからどうなるのか。

ある株評論家は年初に

 

憲法改正へ舵切りしないかぎり株価は大丈夫(要約)

 

と言っておりました。

まあ、この評論家は夏前に日経は1万8000円超えるとの予想をして見事に大外れしただけに、憲法改正でも株価は下がらないかもしれません。

 

 

しかし肝心の純ちゃん、今後はどうなってしまうのでしょうか。

世間では

 

単なる勘違い

乗せられてしまった

元々仕事に行き詰まっていたので勝負に出た

参院選で自民党の足を引っ張るだけが目的

 

など色々言われているようですが、家族4人の生活が今より良くなることはなさそうです。

 

このまま山本太郎のように「勘違い路線」を突き進むのか、地方巡業(パチンコ関係の客寄せ)で子供が成人するまでなんとか凌ぐのか。

 

 

ところで鹿児島県では知事選もやっていたんですね。

原発行政にはネガティブな元テレ朝コメンテーターの三反園氏が当選してしまったことで、川内原発を一時的にでも停止するのではないかと心配されております。

国政は相変わらず「原発GO」ですから今後どうなるか、目が離せません。

 

 

現在異国の地におりまして、いつも以上にブログ更新が難しくなるかもしれません。

お詫び申し上げます。

 

 

結構ドタキャンが出ている(もとから空席が埋まらない?)じゃないか、カンテサンスなど通称予約困難店!

以前友里ブログで、ポケコン会員にはヒエラルキーがあって、最上ランクの会員だとかなりの数の空席情報がくるようだと述べました。

 

http://tomosato.net/weblog/2016/06/06/

 

 

ここのところ忙しくてブログ更新をしていなかったのですが、友里ツイッターでその件に関し、更なる具体的な情報を得ましたので本日は公開させていただきます。

 

 

なんと、巷では予約困難だと言われているカンテサンスなどの予約困難店、実際は結構な数の空席がでているようなんです。

 

 

5/1から6/24までの空席のメール案内をチェックしたら、カンテサンス6、くろぎ16、レフェルヴェソンス44、フロリレージュ7もあった(要約)

 

 

真のフレンチを知らない経験不足の客が、これが美味しいフレンチだと錯覚して殺到したカンテサンス。

全盛期は数ヶ月先の予約電話も繋がらなかったと聞きましたが、井の中の蛙の客が激減したのでしょうか、ポケコンに頼るほど結構なキャンセル(あるいは最初から席が埋まっていない)が出ているようです。

 

このツイートをしてくださった読者は、ポケコン利用歴(空席情報からの予約)がわずか4回と、ヒエラルキー的には上位ではないはず。

更に上位に位置する会員には、どれほどの空席情報が流れているのか想像するだけでも楽しくなるというものです。

 

実は友里(本名で登録)のポケコン利用はまだないのであります。

ヒエラルキー的には最下位でありますからいくら「蛙」が激減したといっても、友里にはカンテサンスの空席情報は今後も届かないと考えます。

 

 

大阪人はゴマ油がお苦手?

1週間ぶりのブログ更新です。

先週は本業での年一回の大きなイヴェント(大袈裟か)がありまして、その準備を含めバタバタしでブログ更新の余裕がありませんでした。

 

何でもそうですが、一度

 

休み癖(正確には「怠け癖」か)

 

がつきますとなかなか元には戻ることが出来ません。

 

 

さてイヴェントも終わり、知人と「天麩羅屋」へ行ったと思ってください。

 

実は3年前ほどから取り組んでいるダイエット(正確には加齢による基礎代謝減少での太り防止)でこの3年間

 

天麩羅屋訪問は皆無

 

であったのです。
和食などで若干の揚げ物がでてくることがありましたが、天麩羅屋への訪問を封印していたのであります。

 

最近は体重が62キロ台と安定してきたこともあり、つい気が緩んでの天麩羅屋訪問でありました。

 

 

思いついたのが当日夕方だったので、めぼしいところ(ミシュラン星付きなど)は当然満席。

ホテルの天麩羅屋も皆一杯だったのですが、六本木にあるホテル45階の店だけはあっさり予約が入ったのであります。

 

久々に45階に降りたってまずはビックリ。

昔は外人などであふれかえっていたラウンジも客はまばら。

あくまで友里の推測ですが、東京駅近辺の新しいホテル(パレスやアマンなど)へ客が逃げてしまったのか。

 

鉄板焼きや鮨のコーナーは一応客が入っていたのですが、なんと天麩羅コーナーは

 

ホテル関係者の知人客ひと~りのみ

 

それは寂しいカウンターであったのです。

 

料理長(以前の揚げ手は麻十に独立してなぜか高評価)が大阪弁(関西弁?)を話していてちょっと嫌な予感がしたのですが・・・

 

 

タネ質や揚げ方の好みをどうこう言う前に問題だったのは

 

風味を感じず天麩羅として物足りない

 

というもの。

 

はっきり言って

 

ゴマ油(太白も)を使っていない関西天麩羅

 

だったのであります。

 

 

そういえば大阪の食べ仲間だった人が昔

 

天麩羅は関西に限る。東京は真っ黒で油臭くてダメ。

 

とか言ってしましたっけ。

 

おそらく彼は、安い、もとい、一般的な浅草などにある普通のゴマ油を使った天麩羅しか知らなかったのでありましょうか。

 

東京の高額天麩羅は「太白油」を使うところが多いので、色も濃くなくゴマ臭くないんですけどね。

 

 

関西、特に大阪では天麩羅だけではなく鮨(もちろん自称ですが)でも「名店」と言われている店があるようですが、友里に言わせると

 

マンハッタンに進出している店と大差ないレベル

 

と言い切ると、また暴論と怒られるかもしれません。