「貧乏人お断り」から「No.1の自信あり」にキャッチ変更していた、自称日本一高いローストビーフ

またまた読者からの情報です。

12/16の友里ブログで取り上げた、

 

年収2000万円以上の裕福な方のみ

 

限定の熊本ローストビーフでありますが、この挑発的なキャッチを修正しているとのこと。
早速調べてみましたところ、確かに変更していたのであります。

まずはビフォア&アフターをご覧ください。

 

挑発サイト

https://archive.today/ija4V

 

修正サイト

https://archive.today/Huuha

 

 

主な変更点は

 

「貧乏人お断り」  →  「No.1の自信あり」

 

の他、「年収2000万円云々」などの挑発的な表記は一切削除されておりました。

一か八か、批判覚悟の炎上商売だと思っていたのですが、オーナーシェフ(あくまで自称)はヘタレであったのかもしれません。

しかし今月は30キロのローストビーフを販売するとのことですから、これだけの売上が

 

150万円以上

 

サイトの修正費用が余分にかかったようですが、結構な営業になったのではないかと友里は考えます。

 

 

これって原発が未来永劫続くということではないか!

本日未明に配信された東京新聞の記事を見て、友里は椅子から転げ落ちそうになりました。
実際はベッドに寝ながらスマホをチェックしたので、椅子から転げ落ちることはあり得なかったのですが・・・

 

建て替えで将来の原発維持 経産省の「中間整理」

https://archive.today/6dcH8

 

既存原発の敷地内で古い炉を廃炉にし、新しい炉を設置する建て替え(リプレース)

 

耳、もとい、目を疑うこの内容。

諸般の事情で再稼働はするけれど、あと30年もしないうちにフェードアウトすると思っていた原発でありますが、「原子炉のリプレース」という禁じ手を使ったら

 

今後何百年も原発はなくならない

 

ではありませんか。

将来がないと思っていた原発関連事業者にとって、最高のクリスマスプレゼントになると友里は考えます。

 

”貧乏人お断り” 日本一高い!! 最高級ローストビーフのご案内

読者からの情報です。

アベノミクスが熊本まで浸透したのでしょうか、なんと

 

貧乏人お断り
日本一高い!!
年収2000万円以上の裕福な方のみ

 

との挑発的なキャッチのローストビーフが売り出されているというのです。
まずはそのサイトの魚拓をご覧ください。

 

https://archive.today/gpRNm

 

キロ単価が安くなる2キロものでもこのローストビーフの単価はなんと

 

4万6000円(税不含)

 

と大間のマグロ以上のお値段。
単価が高くなる500gものですと

 

キロ6万2000円(税不含)

 

と黒トリュフ並の単価ではありませんか。

当然ながらこの挑発的な営業キャッチに反発が出たのは言うまでもありません。
アクセスが殺到してサーバーがパンク状態になったり、嫌がらせの問合せが殺到したとのことでした。

物好きな知人が早速オーダーしたそうですが、翌日このシェフらしき人から確認電話があったそうです。

 

イタズラ注文が多いので・・・

 

店予約のイタズラもそうですが、この手の偽注文や偽予約は

 

立派な犯罪

 

であります。
こんなバカげたことで憂さを晴らさないようお願いしたいものです。

 

尚、またまた読者から、この熊本ローストビーフは日本一高くはないとの指摘もいただきました。

 

『ローストビーフギフト専門店のたわら屋』では「極希少松阪牛特撰芯ロースローストビーフ300g」が15万円(税不含)であるようですから、単価はなんと

 

キロ50万円

 

と白トリュフ並であります。

 

http://www.tawara-ya.co.jp/fs/tawaraya/gd138

 

こんなバカ高いローストビーフ、果たして本当に頼む人がいるものなんでしょうか。友里は信じられません。