スコットに御意。商業ベースに乗れないマイナースポーツ選手のためにオリンピックの存在価値がある

ゴルフのトップ選手の発言が破門を呼んでいるそうです。

 

「五輪はエキシビション」 スコット発言 波紋呼ぶ

https://archive.is/PzRRF

 

五輪でのゴルフを「エキシビション」と表現し、

 

五輪ではアスリートのほとんどが4年間、トレーニングを積み、ピークを本番に持ってくる。彼らのための大会だよ

 

また2013年のマスターズ優勝者は

 

もし五輪に出場できなくても残念だとは思わない。金メダルが自分のキャリアを変えることはない

 

とまで言っているとか。

 

確かに、それなりの人気があって商業ベースに乗っていて、しかもオリンピック優勝より名誉な大会(金にもなる)が存在しているとしたら

 

オリンピックなんてウザイだけ

 

名誉もお金も期待できないとしたら、参加するメリットは

 

オリンピック村で出会う相手とのエッチし放題だけ

 

そのエッチも普段からし放題なら、オリンピックなんて面倒なだけで何のメリットも感じないことでありましょう。

 

スコット選手の言うとおり、商業ベースに乗って多くの一流選手が大金を稼ぐことが出来きてオリンピックより名誉な大会が存在するアメフト、バスケ、ホッケー、野球、テニス、ゴルフ、サッカーなどには

 

オリンピックはいらない

 

のではないか。

例えばテニスのマレー選手。オリンピックで優勝した超一流選手でありますが、母国大会で華を持たされたイメージがあり

 

ロンドンオリンピック優勝者ながら、ナンバーワン選手とは誰も認めていない

 

という現実。

 

挙げればキリがないですが、

 

ソフト、一部を除く陸上競技、射撃・・・

 

などのマイナー競技を選んだトップアスリートの競技生命維持と、普通なら食っていくのがやっとの

 

水泳、フェンシング、体操・・・

 

などを選んだ選手が、ラッキーにも注目を浴びて結構な人生を送ることが出来るという舞台がオリンピックではないか。

でもここまで言い切ってしまうとまた「暴論」と怒られるかもしれません。

 

 

【予告】フォーシーズの創業期に関して

閉店情報】有季銚(ピザーラのフォーシーズが経営していました)

http://tomosato.net/weblog/2015/05/19/

 

5/19にアップした上述「フォーシーズ経営店の閉鎖」に関するブログの反響はまずまずだったようで、思いもよらない情報が読者から飛び込んできました。

 

たまたまその地に住んでいたのかその読者、宅配ピザをはじめる前の浅野会長と接触があったようでして、その当時のことや現在の「TO THE HERBS」の前身に関することなど、友里が知らなかった面白ネタのてんこ盛りを友里にプレゼントしていただいたのであります。

本日は時間がないので、この予告編にてブログを終了とさせていただき、詳しくは来週にでもアップさせていただきます。(時差ボケなのか夜中に眠れず、早朝に起きられなかったので・・・)

破綻直後の初心(そんなもの最初からかなった?)を忘れたのか、JAL

今回の出張で、往路だけではなく復路でも頭にくることがあったので問題提起させていただきます。

 

まずは往路。
搭乗して席に着こうとしたら、横の収納ボックスやハンドリモコンがある棚の上が

 

粉だらけ

 

になっておるではありませんか。
収納ボックスの蓋を開けたら、中まで粉だらけ。

直ぐにピンときたのは

 

前客がチャイで食べ散らかしたのか

 

しかしこの席は原則アップグレード(特典購入含む)が出来ないと聞いていますから、中国人だったのかどうか。

いやそんな目立つ席でも

 

清掃をチェックしていなかったのか

 

機内にはハンドクリーナーがなく機外から取り寄せて粉を吸い込んだようで、清掃完了(でも完全に拭き取れていなかった)が出発時刻ギリギリになってしまった。

まあ、ここまでなら見落としたと直に謝ってきた担当CAに免じてブログに取り上げることはなかったのですが・・・

 

 

怒りが頂点に達したのは羽田での荷物受け取りの時。

壊れ物があったので(チョコなどですが)、ホテルでフラジャイル用段ボールを用意してもらい、それをチェックイン時に更に補足説明して預けたのですが、出てきた段ボールを見てビックリ。

 

真横にひっくりかえっていて、箱の横(持つところ)が破れていた

 

当然ながら、中のチョコは砕けておりました。

段ボールには「フラジャイル」(もちろんフランス語)と日本語でいう「天地」が書いてあったのですが、一応念のため預ける時にこれで大丈夫かと確認したら大丈夫とのことでしたが、JAL職員はボールペンで更に

 

「UP」と「↑」

 

を書いておりました。

マジックインキではないので目立たず心配でしたが、まさかJALのパリ便を担当する羽田事業所国際部国際パッセンジャーサービス担当の現場責任者(正確にはアシスタントマネーャー)がフランス語の

 

Haut  Bas

 

の意味を知らなかったとは・・・

パリ便を担当している身で知らないとは唖然茫然。この2単語はフラジャイルに関係する簡単な仏単語であります。

といいますか、そのアシスタントマネージャーである「○中宋○郎」氏、フラジャイルの意味は知っていると言っていたけど

 

その箱が横になっていても構わないと思っていた

 

のですから呆れます。

どんな教育をJALは社員にしているのか。

 

最近ANAのCAの方(知人の連れ)と会食をしたのですが、JALには当然ながら否定的。
以前アルバで合流したANAの人たちも

 

破綻して税金投入されたのに・・・・

 

と厳しいご意見。

人間、負い目を忘れたらいけません。
負い目をうけたくないなら、税金投入を拒否すればよかったのです。

 

今年はあと3回ほど予約をしているので(一部航空券を購入済み)、少なくとも3回はJALを使わなければなりません。(くそったれ)