本日は新聞ネタに関する友里的突っ込みをいくつか

TVでは西日本の大雨による被害の模様が伝えられております。広島でも大きな土砂崩れがあったようです。
あくまで友里の推測でありますがこのような災害が起こる場所、山林を無理に開拓して(早い話が木を切り倒して)いるところではないか。

はっきり言って山が家を土砂で削る前に、

先に人間が山を削って住宅を建てていたのではないか

住宅地開発の根本を見直すべきではないかと考えます。

 

さてそれでは新聞ネタをいくつか。

邦人男性アレッポ郊外で拘束中か シリア反体制派が証言

https://archive.today/ChsiP

昨日のブログでもちょっと書きましたが、安否を心配すべきこの人質でありますが、事情がわかってくるとなんとも情けないというかみっともない。

同行していた混成部隊とイスラム国が戦闘になり、同部隊が退却した際、逃げ遅れて現場に取り残された

これだけでも海外での武装警備を主目的にしている民間軍事会社のCEOとしては失態だと思うのですが、

さらに誤ってイスラム国の戦闘員がいる方に向かい捕らえられた可能性があるという

ここまでヘボってしまっては、もはや彼の会社のクライアントになろうとする奇特な人(会社)は皆無ではないか。
泊付け&宣伝でシリアに行ったようですが、まったくの逆効果となってしまったと考えます。

 

新国立競技場、年3億円超の黒字 五輪後の収支計画

https://archive.today/RbrwT

オリンピックなどのイヴェントで無理に造った箱物で、その後の収支がプラスになったものがあるのか。
五輪後の収支計画は3億円あまりの黒字になると言っているようですが、日本スポーツ振興センター(JSC)は公共団体役員の「渡り」を生業にしている医学部卒くずれ(河野一郎)が理事長をやっている団体のはず。
またこの鬼沢佳弘氏は文部省(当時)上がりの立派な元お役人。

お役人が利益は上がると適当な試算をして無理に造ったはいいけど、赤字を垂れ流し続けている高速道路、鉄道、飛行場は枚挙に暇がないのは周知の事実。

この新国立競技場、赤字の垂れ流しになったら、鬼澤氏や河野氏が責任とって私財で補填するのか

大マスコミがこのような追求をしないのが不思議でなりません。

 

最後はエボラ関連を2つ。

治療薬投与で「エボラ回復兆候」 リベリア政府が明らかに

https://archive.today/kZpY1

未承認の治療薬とはいえ治療の効果が見られたことは喜ばしいことですが、友里は以下の一分に引っかかったのであります。

製薬会社は既に在庫は尽きたとし、一定量を製造できるのは年末になる・・・

おいおいこの薬は未承認で、やっとアメリカの役所(正式機関名失念)やWHOが投与を許可したばかりだぞ。
まだ数人にしかこの薬を投与していないのではないか。それなのになぜこの段階で品切れになるんだ。

あくまで友里の推測でありますが、アメリカへの感染を想定して

アメリカの要人(わずか1%の富裕層など)に割り当ててしまっているから

ではないか。
己最優先(アメリカの為、いや最終的には自分の為だけ)のアメリカだけに友里は勘ぐってしまうのであります。

 

ベトナム、エボラ熱疑い2人隔離 入国したナイジェリア人

https://archive.today/AV4dM

おいおい、ついにアジアにまで輸出してきたのかエボラ出血熱。
なに暢気に感染国からの飛行機を受け入れていたんだ。
直ちに感染国からの入国を制限、もとい拒否(飛行機だけではなくすべての交通機関をシャットオフ)すべきであると考えます。

 

 

会社の存続も危ぶまれる、ピーエムシー(民間軍事会社)

己の会社の泊付けが目的だったのに、自分の身だけではなく会社の存続も危うくなってしまったシリア日本人拘束事件。
ネットでは拘束された人の実名だけではなく、職業なども公開されているようです。

https://archive.today/5xzH4

湯川遥菜さん、日本にもあったんですね民間軍事会社。ミーハーな友里は早速ブログやFBを探してみたのであります。

http://profile.ameba.jp/private-military/

https://www.facebook.com/haruna.pmc

民間軍事会社のCEOといいますからどんな勇猛な出で立ちの(強面な)人かと思ったら

茶髪でセミロンゲのポッチャリ顔

な方ではありませんか。
映画でよく見る傭兵や特殊部隊の戦闘員とは

180度異なる風貌

に驚嘆。
FBの動画では、AK47とかいうライフルを試写している様がアップされているのですが、素人の友里が見ても

どことなくぎこちない

と感じたのであります。

そこでもうちょっと調べてみますと、以下のサイトで湯川さんのより詳しい情報が載っておりました。

https://archive.today/1lacc

湯川さんは以前、米国や英国から軍事物資を輸入し、自衛隊に納入する仕事に携わっていた

う~ん、特殊部隊の戦闘員どころか自衛隊員でもなかったのね。
ということは、本格的な軍事訓練を受けていない素人レベルの人の

軍事ゴッコ
なんちゃって民間軍事会社

なのではないか。
更に同社の顧問で元茨城県議の木本信男氏(70)は

7月初めに、日本にいる湯川さんに電話し、「危険なところには二度と行かないように」と注意したのだが。会社が新しく、紛争地域での人脈や実績を作りたかったのではないか

なんと忠告を押し切って会社の営業活動(泊付け)でシリアへ行っていたのか湯川さん。

それではその民間軍事会社「ピーエムシー」のHPを見てみましょう。

http://www.freezepage.com/1408402719FNSDPLHRVC

主要業務の中には

日本人海外渡航者(仕事、旅行)の警備と武装警備
クライアント(依頼者)に同行しての安全管理、警備業務

があるのですが、肝心のCEOが拘束されてしまっては、この謳い文句は絵に描いた餅(例えはちょっと違うかも)ではないか。
こんな会社に警備を依頼して大丈夫だと思うクライアントが存在するのか。
まずは己がどこか別の民間軍事会社に警護を依頼してからシリアへ泊付けに行くべきだろ、と言われてしまうのではないか。

人命は大事でありますからなんとか無事に帰国していただきたいと思いますが、イラクの3バカトリオの時と同じような違和感を友里は覚えてしまったのであります。

 

久々の映画感想、JAL機内上映もの

まずはロング主体の方に怒られる株に関する予想はずしのプロ・友里の見解(年末にかけて株暴騰予想)です。
安倍首相、内閣改造は大幅なものにするとのこと。

https://archive.today/stpNM

以前のブログで書いたと記憶しているのですが、改造が小幅だと解散→総選挙かなと思っていただけに、この改造内閣で来年の総裁選まで乗り切ることにしたのでありましょう。

そうなると年末に予定される消費税増税の判断は

10%へゴー

ではないか。
閣僚たちが慎重に判断するべきとかの発言をしているだけに余計に怪しい。
だいたい8%じゃ半端で小銭が増えて支払いが面倒。またこの機会に増税を躊躇したらこの先10%上げるのはまず不可能。
また8%据え置きなら更なる法的な改正も必要だとのことなので(現行では10%を想定して法改正しているとか)、結論は

既に消費税10%ありき

ではないか。
そうなると株をこの3ヶ月(正確には2ヶ月あまり)で上げなくてはならないので(見かけの景気を良くするため)、更なる金融緩和なんてやっちゃって無理矢理に株価を上げてくると友里は予想するのであります。
結果はファンドが夏休みから復帰する9月はじめにはでていることでありましょう。

 

さて本日は先日往復したNY便の機内で見た映画の簡単な友里的感想であります。

 

キャプテン・アメリカ/ウインター・ソルジャー

長い、132分と引っ張りすぎであります。
スカーレット・ヨハンソン(ブラック ウィドウ)のキャラ(メイクも)がちょっと変わってしまったのではないか。
正直な話、機内で見るものがなかったらの限定オススメであります。

 

WOOD JOB!

久々に大声出して笑ってしまった。あまりのバカバカしさにですが、通路を通ったCAが振り返ったほどバカ笑いしてしまったようです。
筋的には簡単に予想がつくものなのですが、イケメンでもない主人公が限界集落(失礼)に溶け込む過程で散りばめられたギャグが面白すぎでありました。
未鑑賞なら機内でぜひ。

 

チームバチスタ FINAL

推理ネタ的にはまずまずなんですが、無頼漢な役人を装う中村トオルの演技が不自然でウザい。歯並びの悪い生瀬勝久の演技もあまりに過剰でありました。
機内でお暇なら。

 

ポリス・ストーリー/レジェンド

お笑い演技のジャッキー・チェンが好きなのですが、この映画は暗くてシリアス。マジなチェンで笑える映画ではなかったですが、ストーリー的には結構面白かったです。
機内で観ても損はないか。

 

晴天の霹靂

近ごろ食傷気味のタイムスリップものですが、ネタ的には面白いものの(息子がタイムスリップして両親に遭遇)お笑いでもなくお涙頂戴のシリアスものでもないという中途半端。
わざわざ映画にするものではないかなと。大泉洋の演技も空振りに見えました。
機内で眠れず、観るものが他にない方に。