韓国で言葉が通じない・・・

昨週から出張が重なって更新が出来ておりませんでした。

現在も韓国に滞在中なのですが、本日は簡単に更新します。

 

 

生まれて初めての韓国。

驚いたのはタクシー運転手のレベルです。

 

ソウルの空港の黒塗りタクシー(この方がグレードが高いと言われた)でさえ、都心住所の位置がわからない。

英語も通じないので筆談で行き先を指示してナビに打ち込ませるしかなかった。

 

 

釜山はもっと悲惨。

ホテル名を言ったのですがまったく通じず、予約確認書も英語だったのでダメ。

スマホから該当するホテル名のハングルを探して見せたのですがナビにそのホテルが入っていなかった。数年前に建っているんですけどね。(パークハイアットです)

 

どうしようかと焦ったのですが、ホテルに電話して運転手に場所を説明してもらってなんとかたどり着くことができました。

 

その時運転手のナビ打ちを見て気づいたこと。

それは、ハングルは漢字でいう「つくり」や「へん」という部首に当たるようなものを何回か打ち込んで1つのハングル文字にするということ。

つまり、1つのハングル文字を完成するのに

 

かな~りの手間がかかる

 

んですね。

漢字のような変換機能がナビにはありませんでした。

 

友里はイタリア語やスペイン語もわかりませんが、それでも会話やスペルからなんとか意図らしいものは理解できることがあります。

ところがハングルは

 

どんな身近なことでもさっぱりわからない

 

んですね。

 

また街中の人(タクシー運転手含む)で英語ができる比率は

 

日本より劣るかもしれない

 

と感じました。

 

初めてといいますと

 

韓国牛

 

なるものが存在していると知ったのも今回の出張でありました。

もちろん炭火焼きステーキとして食べまして、まずまずのお味であったと報告させていただきます。

 

来年はじめにまた来なければならないようなので大変です。(汗

 

 

 

天唾、ブーメランを自ら認めているのではないか、オバマ

自分のことを棚に上げたこのご発言。いくら「ヘタレ」とはいえあまりに節操がないのではないか。

 

 

 

オバマ氏「大統領になれば誰でも目を覚ます」

 

https://archive.is/pGSFw

 

 

 

 

最初の選挙で

 

チェンジ チェンジ

 

と叫んでいたのは誰なのか。

 

 

汚い言葉ですが

 

テメーも目を覚ましたので、何もチェンジできなかったと言うことだぞ

 

 

成果があったと自覚しているのは評判の悪いオバマケアだけではないか。

諸外国(含みIS)からも舐められまくって

 

よく言うよ

 

と友里は呆れるばかりであります。

 

 

国際的な合意は政権をまたいで引き継いでいくのが伝統だ

 

 

自国の利益だけのために

 

諸外国の政権をいくつもぶっ壊しておいてよく言うよ

 

 

であります。

 

 

まだプロ経営者なんて人が存続しているのか

送られてきたDM(日経ビジネスオンライン)で以下のものに目がとまりました。

 

 

 

迷走ベネッセ創業家・福武氏がついに口を開いた

 

http://archive.is/ry8VF

 

 

 

わずか2年で尻尾を巻いて逃げた

 

自称「プロ経営者」・原田泳幸

 

は、社内(社外取締役も)の雰囲気を悟って身を引いたとのこと。

 

 

友里の持論でありますが、経営の資質がある人はどこに行っても能力を発揮できると思うのですが、

 

実際そのような人は希

 

でありまして(世界最高峰の人格と頭脳の持ち主は別格です)、ほとんどの人の功績は

 

 

出会い頭&ラッキーが重なっただけの1回限り

 

 

中には1回も功績を残せなくても渡りを繰り返している玉塚元一なる人もいますが・・・

 

 

 

プロ経営者という単語が死語になりかけておりますが、以下のリンクではサントリーの新浪などわずかに生き残っている渡り経営者、もとい、自称プロ経営者に関しての保身術が書かれております。

 

 

原田泳幸、藤森義明…会社を追い出される「プロ経営者」の共通点

 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48791

 

 

最後の4ページ目に注目。

 

資生堂やサントリーなど有名企業においても外部招聘経営者が起用されていますが、彼らがそうした理不尽な騒動に巻き込まれないためには、実態オーナーのご機嫌を取りながら彼らの感情を上手くコントロールすることが前提条件

 

 

業績への貢献なんて関係ないようです。

 

創業家(佐治家)の意向(従兄弟の息子に継がせたくない)だけを忠実に守っていれば、新浪氏は安泰であるということでしょうか。