想定外! アメリカ大統領選

友里はそこらのマスコミと違って、トランプの当選を想定外と言っているのではありません。

 

同じく異端児といわれた友里(トランプと比べたらあまりにスケールが小さいですが)、トランプ大統領誕生は想定内と言いますか、クリントンなんて最低が当選したら変化もないから

 

トランプに勝ってもらいたい

 

と思っていたわけです。

 

 

では何が想定外だったか。それは、トランプが勝ったのに

 

円安&株高(NY市場ですが)

 

になっったということ。

 

 

昨日東京市場は暴落となりましたが、今日はかなりのギャップアップといいますか、昨日の暴落を取り戻す動きとなると考えます。

 

世のアナリストの予想ほどいい加減なものはないという証左でありましょう。

IMG_5716

 

 

巷では、

 

アメリカファーストは利己主義で世界秩序を乱す。

トランプは政治経験がないド素人だから心配だ

 

といったネガティブな意見が多いですが、世界の国で

 

自国の利益を一番に考えていない国があるのか

 

 

と友里は声を大にして問いたい。

もしそんな国(指導者)があるとしたら

 

 

売国奴

 

 

以外の何ものでもない。

 

 

歴代の偽善指導者は

 

 

他国(世界)のことを慮っている振りをしているだけで裏では自国の利益(もしくは自己利益)だけを考えている

 

 

トランプは正直なだけ評価できると考えます。

 

 

 

どこの人でも既得権益は守りたいもの。移民に権益を犯されたら、それを排除したいと考えるのは人情でありましょう。

 

移民の利益優先か、否か。

その資本主義に基づく多数決(厳密には直接選挙ではないので単なる多数決ではない)の結果が

 

トランプ大統領

 

となっただけだと考えます。

 

 

経験不足(未経験)を問題視する意見も多いですが、経験があっても

 

ヘタレのオバマで良かったのか

 

 

口先だけで積んだ経験なんて

 

 

クソ食らえ

 

 

であります。

 

要は

 

交渉力や戦略を立てられる「頭」があるかどうか

 

 

頭のない人がいくら経験を積んでも意味がないと考えます。

 

 

また在留米軍の撤退問題でありますが、撤退されないよう引き留めるには大きな出費となるとアフォなマスコミは発信していますが、あの自分勝手なアメリカが

 

今まで奉仕してくれていたと思っていたのか

 

 

軍隊を駐留させる代償以上のものを日本から搾取していただけではないか。

 

よって、この際正面からこの安保含めた交渉をすることによって

 

日米がはじめてイーヴンの関係になれる可能性

 

がでてくるはず。

とはいえ、結果は交渉下手の日本ですから負けると思いますけど。

 

 

今回の選挙は

 

最低と最悪の戦い

 

と言われましたが、悪代官のような顔相のクリントンの「最低」が選ばれなくて良かったと友里は考えます。

 

 

今年も「蟹」が解禁となりました!

先週末から仕事で台湾へ来ております。

相変わらず本業では一瞬も気を許すことが出来ないほど解決すべき課題が目白押しなのですが、今月はこの台湾出張の他

 

 

国内出張が3件

そして韓国&ドイツ出張

 

 

と、正直ブログを更新している暇がないほど、老体(若作りしておりますが)に鞭打つことを予定しております。

 

 

さて、台湾では酸菜白肉鍋、小籠包、フカヒレ&燕の巣などを現地の客人たちと堪能していたのですが、日本でもカニが解禁になったのをネット配信で知りました。

 

 

 

越前がに初競り…ブランド「極」最高値37万円

 

http://archive.is/tiH9A

 

 

ニュースは越前蟹の解禁に触れておりますが、松葉蟹(水揚げする地域によって名前が変わっている)も解禁になっているはず。

 

友里は、メス蟹(セイコ、セコ、コッペ、香箱)は好きなのですが、オス蟹は好んで食べないのでこの手の報道に興味がないのですが、この同じ「ズワイガニ」でも捕れる県で解禁日が違うことをご存じの方は少ないかもしれません。

 

 

友里も数年前にはじめて知ったのですが

 

新潟県の解禁日は一ヶ月早い10月

 

だとか。

 

10月に新潟県の温泉に行った際、近くの寿司屋で越前蟹と称するものがでてきたので冷凍だと思ったのですが、店主に解禁日の違いを聞いて納得したのであります。

 

まあこの事はあまり知られていないようで、今は行っておりませんがあの高額和食店の店主もビックリしておりましたっけ。

 

 

ところでメス蟹の解禁は年末か年明けすぐで終わるのですが、例年1月半ばまでメこのス蟹に和食店で遭遇することがあります。

 

果たしてこのメス蟹は解禁日が終わった後に捕ったものなのか、それとも解禁期間にとって何らかの処理で保存していたのか。それともかなり昔の冷凍物なのか。

 

毎年疑問に思いながら店に確認できない小心の友里であります。

 

 

 

結婚披露宴が様変わりしていた!

大手顧客のアンフェア取引立証のため先週は地方へ出張るなど忙しく、またまたブログ更新を怠ってしまいました。申し訳ありません。

直ぐにバレるアンフェアの偽装をなぜやるのか、どうせやるならもっと上手くやればよいと思うのですが、古巣とは言えここまでレベルが低下しているとは思わなかった。

 

 

 

さてこのウイークエンド、超久々に

 

結婚披露宴

 

に出席する機会がありました。

内輪だけの挙式とか、内輪だけの顔合わせ披露には出ていましたが、ホテルの宴会場を使った何百人規模の披露宴出席は

 

 

ここ10年以上記憶にない

 

 

最近は小規模会社とはいえ社員もシャチョーを披露宴に呼ばないようですし、この手の宴会にはすっかりご無沙汰であったのです。

 

 

久々の晴れ舞台でありましたし老舗のホテルであったので、ここは

 

一発決めてやれ

 

と仕舞い込んでいたベロアのジャケット(紺)を用意。

パンツは適当なものがなかったので近くのセレクトショップで「黒」を購入したのであります。

 

そして披露宴の1週間前に確認のため身に纏おうとしてビックリ。

この数年の減量でベロアジャケットが緩くなっているではありませんか。

また引越のドサクサからか、

 

 

蝶ネクタイどころかエナメル靴も見当たらなかった

 

 

のであります。

また適当な白シャツもどこかへ行ってしまった。

 

 

そこで慌てて購入先へジャケットのお直しを出したのですが、間に合わない可能性もあるのでとりあえずセレクトショップで廉価のベロアジャケットを購入。

ついでに蝶ネクタイからシャツ、果てはフォーマル靴下から赤底エナメルまで

 

一式購入

 

となってしまったのであります。(一発決めるため結構な出費となってしまった)

 

 

結果的にはお直しジャケットが間に合ったのでそちらを着ていったのですが、最近の披露宴、友里の経験していたものと

 

大きく様変わり

 

していたのであります。

 

 

最近の挙式や披露宴、媒酌人がいなくなっているのは知っておりましたが、

 

 

新郎新婦の主賓の他は、ほぼ友人&知人のみ

 

 

親御さん側の客人なんてほとんどいないんですね。

ましてや親の仕事関係者なんて

 

皆無

 

の感じでありました。

 

 

とりあえずは主賓挨拶と乾杯がありましたが、その後は友里の経験では

 

 

ほぼ二次会状態

 

 

高砂廻りに新郎や新婦の友人・知人が押し寄せ続けて

 

記念写真撮影やアルコールの一気飲み

 

でお祭り騒ぎ。

 

 

お色直しの中座も、最近は

 

母親がエスコートして会場を後にする

 

んですね。

新郎もご母堂と一緒に宴会場を出て行きました。

 

 

まあ、仕事の義理での出席や新郎新婦に一度も会ったことがない人を何人呼んでも本来の祝宴として意味がありませんから、このような雰囲気の方が良いとは思うんですが、それでも

 

かな~り賑やかな宴

 

であったのです。

 

 

新婦父親の知人として出席した友里たち数人は

 

ちょっと肩身が狭い

 

と感じたのですが、昔の杓子定規なものと違って

 

和やかで温かい祝宴

 

であったと思います。

 

 

またこのような祝宴に出てみたいな~と思ってホテルを後にした友里でありました。