会員規約を変える前にドレスコードを変えるべき、霞ヶ関CC

驚きました。こういってはなんですが、1つのウリだった

 

正会員(日曜にプレーできる会員)は男性限定

 

を、霞ヶ関CCがあっさり撤回してしまいました。

 

http://archive.is/QfrJ5

 

女性に正会員を認めないといっても、週日会員に土曜のプレーを認めているのですからそれほど不都合はないはず。

最近の会員構成はよく知りませんが、男性でも

 

正会員にならず週日会員(土曜プレー可)

 

で通す会員も多かったはず。

 

このクラブは売買できない会員権(死んだり辞めたら高額入会金はパー)でありまして、週日会員から正会員になるための追加の一時金もかなり高いため(400万円くらいだったか)、日曜のプレー権(クラブ選手権や理事長杯への参加権も)だけでは費用対効果が悪いと判断した人が多いという証左であります。

 

かくいう欧米でも、ゴルフ場に限らずこのような入会に厳しい制限をしているプライベートクラブなんて

 

掃いて捨てるほど(大袈裟ですが)ある

 

という現実。

 

なぜ サメの脳、もとい、森元首相に迎合しなければならないのか。
オリンピックの開催なんて、見栄坊の会員でない限り迷惑以外の何ものでもないと友里は考えます。

更に名が売れてビジターが殺到して混雑するし、変な会員も混ざってくるでしょうから。

 

会員規約の前に変える規約があるのではないか。

 

まずはドレスコードを緩和すべき

 

きょうび、日焼け対策のラッシュガード(長袖アンダーウエア)だけではなく

 

アームカバーもダメ

 

なんですから、紫外線が嫌いな人には辛い。またポロシャツの裾をパンツに入れるというチンケな格好をしなければプレーできないのもなんとかならないのか。

 

https://www.kasumigasekicc.or.jp/dressCode/index.html

 

昨夏、超久々にプレーしたのですが、ポロシャツをパンツの中に入れるなんてオヤジスタイル、みっともなかった。
わざわざそれ用のポロ(着丈が長い)とパンツを購入したくらいです。

 

このような融通のなさはテニスクラブにもありますね。

天下のウインブルドンならまだしも、今や誰でも入れる

 

神宮テニスのウエアが白限定

 

もいかがなものかと。

本日のお題は

 

正会員になりたがらない男性会員も多いんだから、会員規約を変える前にドレスコードを緩和しろ

 

いや本音は

 

一部の輩の利権のためにオリンピックを日本で開催するな

 

でありました。

 

 

 

最悪の結果となってしまった、東芝のWH買収

2週間ぶりのブログ更新であります。
言い訳になってしまいますが今年に入ってから出張が続きバタバタしていたのですが、ついに先々週、体調を崩してしまってダウンしておりました。

食欲&飲欲をとったら抜け殻と言われる友里が

 

数日間まったく食べる気も飲む気をせず伏せっていた

 

のであります。

 

先週から復活してきましたが本調子にはもう一歩でありましょうか。(でも既に飲み始めておりますが)

 

 

 

さて以前から噂されていた東芝子会社である「ウェスチングハウス(WH)」の破産申請ですがどうやら現実味を帯びてきたようです。

 

 

 

WHに破産法適用時、東芝の損失は1兆円に

 

http://archive.is/k3y4J

 

 

 

10年前くらいでしょうか。東芝がWHを買収すると聞いて友里は関係者に

 

絶対にうまく行くはずがない

誇り高い欧米人が「ジャップ」の言うことを聞くはずがないではないか

 

と言い続けてきたのですが、コントロールが効かないどころか足まで引っ張られて最悪の結果となってしまったようです。

 

今回の大損計上は、安全対策などのスペックアップを建設費に転嫁しないという不公平に思える契約をWH側が客筋と結んだからとの報道ですが、そもそもなぜこんなアフォな「しくじり」を許してしまったのか。

 

確かにWHが本社の言うこと聞かなかったのは事実でありましょうが、つい最近までそのWHの親玉(アメリカ人ですね)が東芝本社の原子力などを統括する社内カンパニーの「シャチョー」もしていたではないか。確かホールディングスの執行役員でもあったかなと。

 

しかもこの前社内カンパニー社長、昨年末に敵前逃亡というのかアメリカへ逃げ帰ってしまったとか。

表面的には、WH問題を調査してくるとか言っていたそうですが・・・

 

 

それだけではありません。このアメリカ人シャチョー、なんと

 

年俸は8億円くらい

 

であったという噂も漏れ聞いてしまった。

恐らくアメリカへ逃げ帰った航空機の座席も

 

ファーストクラス

 

だったのではないか。

 

 

未だあります。こんなヘタ打ったというのに信じられないのですが、

 

退職金も貰ったのではないか

 

との噂も充満しているようです。

 

 

経営陣には異常なアメリカ崇拝が蔓延していたようですが、まったく機能していなかっただけではなく大金をドブに捨てていたとしたら、残った社員(株主もですね)は報われないと考えます。

ワインの値付けが日本一高いのではないか、セントレジス大阪

今月は日帰りでの韓国訪問など出張が数多く続き、ブログの更新が出来ませんでした。申し訳ありません。

一度楽したら(毎日更新を放棄)、元に戻す(頻繁な更新)のが無理なのは「さとなお」のブログで証明されておりました。

 

しかしこのお休み中、出張で訪れた大阪で信じられないワインの値付けの店に遭遇したのであります。

 

まずは以下の写真をご覧ください。

sIMG_6627

 

 

 

 

 

なんと単なるノンヴィンのシャンパン、しかもクリコのイエローが

 

2万円

 

友里がこのリストを見て椅子から転げ落ちそうになったのはいうまでもありません。

しかもこのお店、ホテル内といっても1階にあって

 

フレンチビストロ

 

と自称している、内装はカフェみたいなところなんですね。

小売りでも5000円前後、恐らく仕入れ額は数千円レベルですからこのホテル、

 

あまりにボリ過ぎ

 

といっても過言ではないでしょう。

 

 

しかもこのホテル、メインダイニングに位置するリストランテ(12階にある)でもこの自称ビストロとワインの値付けが同額。

価格差をつけないと統一性がないというなら、自称ビストロにはもっと無名の小さいハウスの安いシャンパンを用意するとか、リストランテでは高級なスプマンテを用意するとか、頭を使えば差別化の色々なやり方があると思うのですが・・・

 

 

関西の高級ホテルはみなこんなレベルなのかと先週末の出張では昨年オープンしたばかりのフォーシーズンズ京都を検証してみたところ、驚くなかれ大阪よりブランド力がある京都なのに

 

 

FSの値付けの方がはるかに安い

 

 

ことが判明したのであります。

 

 

 

最安値のノンヴィンは

 

テタンジェ  1万3000円

 

セントレジスの最安値はコルドン・ルージュの1万8500円(このシャンパンなら小売りでも4000円前後)でありました。

 

 

またノンヴィンで同じものもありました。
ボランジェのスペシャル・キュヴェですが

 

 

セントレジス     2万9000円

フォーシーズンズ京都 1万8000円

 

同じワインで

 

 

1万円以上の値差

 

 

をつけているのですから(しかも大阪の方が高い)驚きです。

 

 

こんなバカ高いワインを大阪人は飲むのか、頼むはずはない、それではなぜこんな値付けにしたのか、と友里は疑問だったのですが、今までの経験を思い出してそれは杞憂に終わったのであります。

その理由は

 

 

大阪人は店でワインを頼まない

 

 

酒代を浮かすことに全精力をかける大阪人。高級店でも廉価店でも関係なくちょっと誇張して言うなら

 

ワインの持ち込みに命をかけるお国柄

 

だけに、値付けをリーズナブルにしようがバカ高くしようが大阪ではワインを頼む客がいない。よってセントレジスはもともとワインの売上げを想定していないということなのでありましょうか。

 

 

よって限定された接待とか僅かなチャンスに最大の利益を上げるために

 

日本一高い(友里の推測ですが)値付け

 

にしたのではないかとの結論に友里は達したのであります。