弟子の店の方が予約困難になる真の理由

本日は、昨年末の12/30ブログ「今年のベスト店」で触れた「味ひろ」の予約困難な現状分析に関しての訂正であります。

 

 

この原因は「新ばし 星野」と同じく、京味に行かない、行けない自称食通&外食好きが押し寄せているだけではないか。

修業店である京味以上に予約困難の理由はそれ以外にないと考えます。

 

 

との私見を述べましたが、読者からより鋭い分析を受けましたのでここに公開させていただきます。

 

 

「新ばし 星野」や「味ひろ」に押し寄せているリピート客でありますが、本家の京味に行っている客もいるのではないか、とのご指摘。

 

 

実態は

 

京味では大きな顔が出来ない客(一見含めたワン オブ ゼムの位置づけの客)が大きな顔をしたくて予約を入れまくっている

 

というのです。

 

 

そういえば、星野で遭遇したリピーター客(店主とかなり馴れ馴れしい口をきいていた)の雰囲気を思い出したのですが

 

京味では目立たない雰囲気

 

であったかなと。

京味時代の店主は最終的にはカウンター最奥の正面に位置するところで刺身を引いたかなと。

この位置に座れる客は太い常連客が原則のはずでして、年齢的にもお年を召した人が多い。

よって、そのような客が京味より弟子の店を優先することは考えられず、馴れ馴れしい関係になるはずもない。

 

京味では遠くから大人しく星野氏を見ていたワン オブ ゼム客が独立したと聞いて

 

やっと俺が(私が)主役になれる

 

と張り切ってしまっている、ということでありましょうか。

 

 

俄とは言いませんが、彼らは有名店や高額店の経験が浅いのか

 

どこそこへ行った、誰々(有名店主ですね)はこう言っていた

 

と大きな声でやたらに自慢しているんですね。

しかもすべて

 

肯定的(早い話がヨイショ含めたお褒めのお言葉のみ)

 

なのであります。

前にも書きましたが、訪問自慢で挙げている店は

 

鮨さいとう、カンテサンス、傳

 

が御三家か。

SUGALABOの名が出てくるケースもありますが・・・

如何に自分が親しいか、近い存在かというような演出を含めての自慢であります。

いずれにしても、友里に言わせると食後感は

 

推して知るべし

 

の店が主体か。

 

本家では大きな顔が出来ない新進気鋭(皮肉ですが)の自称食通のリピート攻撃が予約困難の原因

 

 

に友里も一票であります。

 

 

今年はじめてのブログ更新

明けましておめでとうございます。

ありきたりの挨拶でありますが、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

昨年末の不摂生がたたったのか、体重が2キロほどオーバーして年明けを迎えてしまった友里。

元旦から食事制限(と言っても食べる量をちょっと減らしただけ)をしております。酒量は全開のままですが。

 

 

昨日は久しぶりに再会した知人含めて3名でワインを4本も開けてしまいました。

この2年間、週の半分は禁酒を通していたのですが飲み出したら止めることが出来ずアル中状態になっているかもです。

 

 

その知人との会話で盛り上がったのが、最近話題の店などの裏情報。

 

紹介制や会員制を無理に謳ってアフォ、もしくはミーハー、もしくは成金自称食通を取り込む店は昔からありましたが

 

会員数30人限定のフレンチ

 

なるものが存在しているとは驚きでありました。

 

 

また性格の悪い料理人も相変わらず健在のようでして、スポンサー(友里が揶揄し続けていました)に掌返した

 

金儲けの亡者

 

のようなフレンチシェフの話などなど。

 

最近は本業の忙しさにいかまけて、このような香ばしい情報を入手できていなかったのですが、今年はこのようは情報を入手&発信して

 

嫌われ者の友里征耶復活

 

を目指したいと思います。

 

 

 

今年のワースト店(オマケの情報もあります)

2016年も本日が最後となりました。

今年も株で大損こきまして個人的には大変でしたが、おかげさまで本業ではなんとか凌ぐことが出来ました。

来年こそは本業だけではなく個人の株投資でも大儲けして、今や完全に諦めモードの

 

トゥールビヨン

 

をゲットする下地を造りたいと思います。

いや望みは大きく持ちたいですから、トゥールビヨンではなく

 

グランソヌリ

 

を人生の目標にしたいですね。

 

 

 

さて大晦日といえば日本広しといえど友里征耶だけしかやっていない

 

今年のワースト店

 

 

 

昨日書きましたように今年は気に入っている店のリピートが主体だったので、最悪の店には遭遇しなかった。

そこで今年は趣向を少し変えまして、過去に友里が推奨した店で明らかに劣化している店を挙げてみたいと思います。

 

友里本の中で唯一オススメ店を掲載した「絶品レストラン」(鉄人社)。

書店どころかもうアマゾンでも新品を購入できなくなっておりますが、未だに参考にしている人がいるんですね。

先日、本業でも参考にしている客先を確認したので、当時と違って劣化している店に行ってしまっては仕事にも差し障って拙いと判断したのであります。

 

今後も機会があれば訂正を発信していきますが、本日は繁盛店ながら劣化が酷い「絶品レストラン掲載店」をいくつか挙げたいと思います。

 

 

 

今年の総合ワースト(劣化)

 

★割烹 やました

 

相変わらず混んでいるというか調子に乗って2回転させているのではないか。

今夏、久々でしたが楽しみに訪問したのですが、食材の質だけではなく調理などサービス含め強烈な劣化に愕然としたのであります。

 

 

詳しくは以下の友里ブログ(実名は挙げておりませんでした)をご覧ください。

 

http://tomosato.net/weblog/2016/08/29/

 

 

廻りを確認すればほぼ味がわからないと思われる観光客オンリー。確かにこんな料理じゃまともな食べ手やジモティーが来るはずがない。

 

時間とお金に余裕があったとしても、現状が改善されない限り訪問する必要はないと考えます。

 

 

 

 

過大評価ワースト(過大評価ナンバーワンという意味です)

久々に、敢えてタブーに挑戦します。

 

★鮨 さいとう

 

2017年版も3つ星だとしたら

 

ミシュラン調査員は相変わらず味音痴

 

 

ミシュラン調査員はここ数年訪問していない

 

のどちらかでありましょう。

 

 

他の有名店で食事している時でも、隣から食通や外食好き(あくまで自称で友里に言わせると「なんちゃって」ですが)が

 

さいとうへ(頻繁に)行っている

 

と自慢している予約困難店ですが、友里は彼らに声を大にして問いたい。

 

 

当日直前でも飛び込めた赤坂時代と比べたことがあるのか

 

 

まだ「かねさか」の赤坂分店で知る人しか知らなかった時の食後感を知っていたら、現在の劣化を見逃すはずがないと友里は考えるのであります。

価格は当時からほとんど変わっていないと思いますが、今年も何回か訪問しての結論は、タネ質が落ちているだけではなくサービスも劣化が激しい。

 

 

・2回転営業の一斉スタート(ブロイラー方式)で使い勝手劣化(赤坂時代に既になっていた)

・ツマミの数が減った

・握りはタネを先に切り置いて山積み放置

 

 

特にマグロはこう言ってはなんですが、冷凍物と間違えるほどの代物になっていると感じてしまいます。

 

ミシュランに掲載され、味のわからない自称食通&外食好きに持ち上げられて勘違いしてしまったのでしょうが、昔を知るだけに誠に残念であります。

 

直近の訪問時、なんとなく以後は「出禁」の雰囲気を感じておりましたので更に食後感が悪くなったのかもしれませんけど。(推測するに、お友達?のフェンシングの太田元選手をブログで叩いたからかも)

もう以前の志に戻れないのでしょうか。

 

 

 

ワインの値付けワースト(絶品レストラン掲載店ではありません)

 

★アレクサンダーズステーキハウス

 

高層ビルの店ですからCPに期待はしていなかったのですが、あまりの値付けに唖然。

ワインの仕入れに対する掛け率が高すぎるだけではなく、ラインナップも最悪。

ワインリストをパッと見て

 

シャンパンどころかナパの赤(CS)でも1万円以下が見当たらない

 

目をこらしてみると、かろうじて無名のワインが1本くらいあるだけ。

赤ワイン(カリフォルニアのCS)なんて、

 

1万円どころか1万円台も皆無に近い

 

んですから椅子から転げ落ちそうになりました。

 

 

値付けの高さを具体的に示しますと

 

ドゥラモット(ノーマル)  12,000円

クリュッグ グランキュヴェ 47,000円

ハイツ 2010      16,000円

 

 

小売り(一般客向け)でも上記価格の半値ではないでしょうか。

 

夜景がウリの店にCP良い店なし

 

ステーキ自体は悪くなかっただけに誠に残念であります。

 

 

 

 

オマケ情報(ワーストとは関係なし)

 

★よしはし

 

気に入っていたすき焼き店ですが突然の閉店。

すき焼き店で代替店が見当たらず残念。

 

 

★ボン・ピナ-ル

 

シェフが出産のため戦線離脱。

若い料理人の皿出しは無茶苦茶遅く、料理の選択肢もなくなってしまった。

現在はその若い衆も辞めてしまい店主が孤軍奮闘していると漏れ聞いておりますので、更に大変ではないか。

料理だけではなく使い勝手も良かっただけに誠に残念。

シェフの復帰を待ち望んでおります。

 

 

★イカロ

 

あくまで人づての情報ですが、近いうちに閉店するとか。

店辞めて北海道でスノボ(スキー?)余生を送るという未確認情報です。

閉める前に行かなくては・・・

 

 

☆小十

 

2つ星に落ちたのが原因か、予約がかなり取りやすくなっております。

使い勝手は良くなりましたが、店のモチベーション維持が心配です。

 

 

☆レストラン ローブ

 

初訪問したばかり。

コース1本&多皿と、本来の友里好みのスタイルではないですが、料理は悪くはなかった。(結構美味しかった)

石田ソムリエの店なので塩が強い(ワインが進んでしまう)のは想定内。

しかし肝心のワインの選択肢がリスト上少なかったのは想定外でありました。