ワインの値付けが日本一高いのではないか、セントレジス大阪

今月は日帰りでの韓国訪問など出張が数多く続き、ブログの更新が出来ませんでした。申し訳ありません。

一度楽したら(毎日更新を放棄)、元に戻す(頻繁な更新)のが無理なのは「さとなお」のブログで証明されておりました。

 

しかしこのお休み中、出張で訪れた大阪で信じられないワインの値付けの店に遭遇したのであります。

 

まずは以下の写真をご覧ください。

sIMG_6627

 

 

 

 

 

なんと単なるノンヴィンのシャンパン、しかもクリコのイエローが

 

2万円

 

友里がこのリストを見て椅子から転げ落ちそうになったのはいうまでもありません。

しかもこのお店、ホテル内といっても1階にあって

 

フレンチビストロ

 

と自称している、内装はカフェみたいなところなんですね。

小売りでも5000円前後、恐らく仕入れ額は数千円レベルですからこのホテル、

 

あまりにボリ過ぎ

 

といっても過言ではないでしょう。

 

 

しかもこのホテル、メインダイニングに位置するリストランテ(12階にある)でもこの自称ビストロとワインの値付けが同額。

価格差をつけないと統一性がないというなら、自称ビストロにはもっと無名の小さいハウスの安いシャンパンを用意するとか、リストランテでは高級なスプマンテを用意するとか、頭を使えば差別化の色々なやり方があると思うのですが・・・

 

 

関西の高級ホテルはみなこんなレベルなのかと先週末の出張では昨年オープンしたばかりのフォーシーズンズ京都を検証してみたところ、驚くなかれ大阪よりブランド力がある京都なのに

 

 

FSの値付けの方がはるかに安い

 

 

ことが判明したのであります。

 

 

 

最安値のノンヴィンは

 

テタンジェ  1万3000円

 

セントレジスの最安値はコルドン・ルージュの1万8500円(このシャンパンなら小売りでも4000円前後)でありました。

 

 

またノンヴィンで同じものもありました。
ボランジェのスペシャル・キュヴェですが

 

 

セントレジス     2万9000円

フォーシーズンズ京都 1万8000円

 

同じワインで

 

 

1万円以上の値差

 

 

をつけているのですから(しかも大阪の方が高い)驚きです。

 

 

こんなバカ高いワインを大阪人は飲むのか、頼むはずはない、それではなぜこんな値付けにしたのか、と友里は疑問だったのですが、今までの経験を思い出してそれは杞憂に終わったのであります。

その理由は

 

 

大阪人は店でワインを頼まない

 

 

酒代を浮かすことに全精力をかける大阪人。高級店でも廉価店でも関係なくちょっと誇張して言うなら

 

ワインの持ち込みに命をかけるお国柄

 

だけに、値付けをリーズナブルにしようがバカ高くしようが大阪ではワインを頼む客がいない。よってセントレジスはもともとワインの売上げを想定していないということなのでありましょうか。

 

 

よって限定された接待とか僅かなチャンスに最大の利益を上げるために

 

日本一高い(友里の推測ですが)値付け

 

にしたのではないかとの結論に友里は達したのであります。

 

 

裏取引があったとしか考えられない、千代田区長選 大負け与謝野信候補

結果は最初から決まっていたというか、自民党東京都連の中で与謝野候補が勝てると思っていた脳天気議員が一人でも居ただろうか。

 

 

千代田区長選 小池知事が支援の現職・石川氏が5選

 

http://archive.is/lknZP

 

 

 

 

当の与謝野氏本人も

 

当選するとは思っていなかった

 

と友里は考えます。

 

もし当選の可能性があると思っていたとしたら

 

 

そんなアフォ(現状把握がまったく出来ない世間知らず)は永久出入禁止

 

 

として、政治の世界への立ち入りを禁止するべきでありましょう。

いや元職の外資系証券会社業界も出禁にすべきではないか。

そうでなければ

 

外資系証券会社(ソシエテジェネラルらしい)って、世間知らずの脳天気でも勤まる楽な会社

 

のレッタルが貼られてしまうからです。

 

 

ではなぜ、楽な外資系証券会社勤務の座を捨てて必敗確実の区長選に

 

わざわざ恥を晒しに出てきたのか

 

という疑問。

 

 

この理由は

 

楽な外資系証券会社勤務より条件の良い職種を保証された

 

と多くの人が考えることでありましょう。

 

 

その好条件が、今年あると言われている衆院選まではどこかの会社の顧問に潜り込んで糊口を凌ぎ、もとい、結構な稼ぎで生活を保障され、来る衆院選で

 

比例東京ブロックの名簿順位で上位保証

 

となるのではないか。それともどこか余った選挙区へのはめ込み保証なのか。

 

 

どちらにしてもこの業界、一寸先は闇といいますか、口約束は簡単に反故にされる世界。

来年は今までの会社で培った人脈(の貸し借り清算)で

 

どこかの外資系にはめ込んで貰っている

 

可能性も高いと友里は予想します。

 

 

まあ、相手陣営が「代理戦争」とわざわざ言っているのに

 

汚いもの(代理戦争という争点)を持ち込まないでください

 

なんて純粋無垢な主張を選挙民に訴えているのですから頭、もとい、戦術が弱いというしか言いようがありません。

 

 

そういえば、切れ者、政策通と言われた伯父も色気を出しすぎて自民党→たちあがれ→民主党政権へと渡り歩くなど節操がなく晩節を汚してしまったお方。

 

色気を出して失ったものは大きいと友里は考えます。

 

 

自国(自分)ファーストなんて当たり前だろ!

友里ブログをサボっている間に、世間(世界)は大きく動いてしまったようです。

トランプが大統領に就任し、ダウは20,000を突破。日経平均も2万円超えを狙える位置まで戻ってきております。

 

株下手な友里、トランプラリーに逆らってウリ(ETFのインバースなど)で入ってしまって順当に「含み損」を積み重ねていたのですが、ヘッジを掛けていた輸出有機EL系の株が急騰しまして

 

超久々にそれなりの利益(といっても昨年の損総額と比べたら1桁小さい)

 

をあげることが出来ました。

でも今年は早めの判断が功を奏したようで(今までは欲張りすぎ)、この有機EL株、売った瞬間から下がりはじめております。

 

 

さてそのトランプ大統領の「アメリカ・ファースト」に対し、難民流入阻止政策含め自称人権派や偽善者たちが避難の大合唱。

しかし友里は己が一番は当たり前で誰でもやっているだろ、とその批判に大きな疑問を持っているのであります。

 

 

週末のあるTV報道番組で、今はお茶を引いている石破代議士も同じようなことを言っておりました。

 

 

アメリカだけではなくどの国も、昔から自国が一番の政策をとってきた

 

 

世界平和だ、難民救済だ、とかなんだかんだ言っても、その裏には

 

 

如何に自国(究極は国家元首など己の儲けや名誉のため)の利益を如何にを積みますか

 

 

に腐心しているだけ。

 

トランプのように本音を隠さず主張している方が

 

よほど質が良い

 

と友里は考えます。

 

 

こう言っては暴論と言われるかもしれませんが、難民問題に関しては大国の首相はサラリーマン社長と同じように無責任なのではないか。

たとえば不法入国難民にも寛容なメルケル首相でありますが

 

自宅に無制限で難民を受け入れて個人で面倒見ているのか

 

直接的に己のポケットなどが傷まない「国」を利用して己の寛容さを訴える様は

 

雇われ社長が己のポケットに関係なく会社をダシに使っている様と同じ

 

であると考えます。

 

高潔な説教をする暇があるなら、まずは全財産をはたいて、自宅へ難民を受け入れろ、と友里は言いたい。

 

 

ストーブだかストリープだか知りませんが、職を奪われた人たちの年収より高い「おべべ」を着ていながら良く言うよ、という批判にも友里は納得するのであります。(品のない表現で失礼します)

 

 

 

また今朝の新聞ではこんな脳天気な記事が出ておりました。

 

 

経団連がトランプ分析チーム…米政権と関係強化

 

http://archive.is/XDfqs

 

 

 

日本企業が米経済に貢献していることなどについて情報発信力を高めてトランプ大統領の理解を得ようとしてるとか。でも

 

 

我がニッポンの財界はお人好しというか何というのか・・・

 

 

己の立場で貢献していると訴えても

 

まだ貢献が足りない、それならもっと儲けを吐き出せ

 

と言われればオシマイではないか。

 

 

この手の交渉は軍事力を背景とした外交と同じで、相手の嫌がるところを突く、欲しいところをうまく利用する、などしなければ良い結果が得られるはずがない。

何しろアメリカは建国の時から「自国ファースト」なんですから。

 

 

よって彼ら経団連は、自分たち以外の何か他の「生け贄」をアメリカへ差し出して自分達の業界利益を優先する

 

自業界・ファースト

 

を画策すると推測します。