犬養さんへの突っ込みネタを久々に見つけた

最近、犬養裕美子さんの店や料理人を無理に持ち上げた記事を目にすることがありませんでした。
よく考えてみれば、彼女のホームグランドは女性誌主体。友里が普段読む雑誌で出くわす機会はほとんどないのです。何か物足りない日々だなと思っていたのですが、読者の方から、「エル・ジャポン 7月号」に突っ込み満載の犬養ネタがあると連絡をいただき、この女性誌をはじめて購入しました。
若手シェフの注目店を7軒紹介する企画でありますが、書き出しに「今、最も女性から信頼されるレストラン・ジャーナリスト」と犬養裕美子さんが紹介されています。確かに男性で彼女の店評価というかヨイショ記事を信頼している人はほとんど居ないと思うのですが、女性で信頼している人が多いと言い切ってしまっていいのでしょうか。私が考えるに、「女性誌を出版している会社の編集者」だけが、何を間違えたか彼女を信奉、仕事を依頼しているに過ぎないと考えます。というか、彼女に執筆依頼すると雑誌が売れると勘違いしているのでしょう。未だにジャイアンツ戦が視聴率とれると勘違いしているTVマンと同じです。
いや、もうそんな化石のTVマンは絶滅に瀕していると思いますけど。
彼女はTVの番組にも出ているようですから、俄グルメの放送作家にもウケがいいのかもしれません。そこそこレストランで食べなれた方であるならば、男女に関係なく彼女の発言はおかしいと感じられるはずです。最近はまったく言わなくなりましたが、何万軒も訪問して食べたとの自慢話、数学を勉強された方ならば、男女を問わずそれが如何にいい加減な戯言かお分かりになるはずです。
今回の記事では、持ち上げた7人の料理人の正当性を示すため変な理屈をこねております。
「若く経験不足を感じているので、彼らは自分で素材を選び、考える意欲にあふれている」、と。
素材を探すこと、手に入れることに努力を惜しまない、多くを勉強しようと時間もお金も惜しまない、と力説しています。
いやに前のめりしすぎた記述。若くない料理人は、素材探求も勉強も若い彼らより怠っているというのでしょうか。そんなはずがないことは、雑誌の編集者や放送作家でない、賢明な男女を問わない読者の方にはご存知のはず。老若関係なく、あくまで個人の考え方、性格によるものです。若くなくとも日々精進している方はいらっしゃいますし、若くても天狗になって精進していない料理人は決して少なくないのです。
また、犬養さんは、「彼らが修業してきた店より高い料金はつけない。それが師匠に対する礼儀だから」と力説しています。彼女は、お気に入りの「メゾン ド ウメモト上海」の修業先、「シェフス」へ行ったことがあるのでしょうか。単品料理が主体で、最高でも上海蟹シーズンの蟹ミソチャーハンや蟹が5千円前後。「ウメモト」のように最高3万円近くするコースを出す店ではありません。
素材を考えるなら、わざわざオフシーズンにまで「冷凍蟹ミソ」を出す必要があるのか。いくら科学が進歩したといってもそこは冷凍物。年中単価の高くできる「蟹ミソ料理」を出したいだけの浅知恵であります。
この雑誌ではもう一つ面白い読み物がありました。「美食の王様」もとい、「美食のオコチャマ」の来栖けい氏が、この「ウメモト」で出版記念パーティを開いたときの様子を書いています。しかし、このパーティには、彼が本でイチオシしているメーカー関係者が参加しているんですね。商品も提供しています。
彼が昔からHPでも推薦文を書いて販売に一役買っていた「ルセット」。めでたく「パン本」では第一位にランクしていますが、ここの女社長はわざわざパーティへ参加し、挨拶までしていたと聞きました。
完全に官民癒着というか、店・ライター癒着の構造。若さゆえに、祭り上げられたらその喜びが忘れられなく歯止めが効かなくなるようですが、「美食のオコチャマ」を信じる人も男女を含めた読者にはほとんどおらず、放送作家や似非グルメ作家、そして女性誌の編集者くらいしかいないということをここに付け加えさせていただきます。

ネガティヴな内容では売れない

前から話があったのですが、ようやく具体化してきました。2年ぶりに友里征耶の書いた本が年内一部の本屋さんに並びそうです。本を出された方ならおわかりいただけると思うのですが、スポットライトを1度浴びた歌手と同じで、本の出版も病みつきになります。出さないと世に忘れ去られるのではないかとの不安。自己顕示欲を潔く認める友里としましていくらかホッとしました。
詳細をお話しすることはできないのですが、今回はかなり趣向を変えたものになりそうです。3冊目となると同じ傾向では飽きてしまうでしょう。だからといって、誰かさんみたいに売れるように方向転換をすることはありません。初心を忘れず、切り口は同じにするつもりですが、著し方、取り上げる店の傾向が少し変わるかもしれません。現在鋭意取材中であります。
でもこんなこと書くと、店へ行きにくくなるかもしれませんね。
出版に限らず、マスコミものは掲題のとおり「ネガティヴ」な表現を好まないようです。というか、はっきりいうと売れない、数字が取れない、ということでしょうか。
今になって週刊誌はじめ新聞でも、ジーコジャパンの実力、裏事情を書くようになってきていますが、私に言わせると、知っているなら最初から書けよ、と。
田中角栄氏の金脈問題を立花氏が発表したとき、番記者はじめ政治記者は「そんなこと皆前から知っていたこと」と言っていたそうですね。マスコミは何十年経ってもあまり成長していないようです。
グルメ本、店評価本も「べた褒め」、「ヨイショ」のような「煽り物」がいいとのこと。友里の「シェフ板」2冊がたいして売れなかったのが証左と言われますが、中には犬養さんの「ハッピー本」や大谷さんの「グルメセレブ本」のようにヨイショ一辺倒の本でも売れていないようですから、この業界のパイは小さいのかもしれません。セミプロの「さとなお」さんの方が売れているのではないでしょうか。
無理にフッた観がありますがありますが、久々に「さとなお」さんについて。もうQ事務所にご迷惑をおかけしないので安心です。最近は伊藤さんとの少女趣味みたいな交換換日記みたいなブログでしか店訪問の記述を見かけなくなりました。サイトでは身近な話題が主体で私がなんだかんだ言うべきものではないのですが、久々にお得意の甘いというか、温いお考えを披露されています。
セレブ美容整形医の娘さん誘拐事件で、彼女らの実名、インタビュー姿、自宅などの個人情報を天下のNHKまで流していたことを憂いていらっしゃいました。どこまでお人がいいのか。甘いのか。それともそのようにわざと振舞っているのか。
これは整形医業の宣伝として彼女らが実名、写真公開を許しているからに他なりません。同時期にあった、赤ちゃんを乗せたまま車を盗まれた事件。母親はインタビューに応じていましたが、顔どころか実名もでていません。警察へ誘拐された娘を迎えにいって出てきたところで、普通の親は立ちながらマスコミの質問に答えますか。またあんな服装で娘を警察へ迎えに行くものなのか。マスコミが待ち構えている自宅へ2日ぶりで堂々と帰ってきてまたそこで、普通の人がンタビューを受けますか。
表面しか見ない正義の味方、「さとなお」さん。とにかく第一歩、まず始めなけらばならない、と声高に応援した「郵政民営化」でしたが、その後何か改革があったでしょうか。これから何か改革が進むのか。
体制寄り、ヨイショ、べた褒め、しか世に受けないというならば、第3弾の友里本も本屋から姿を消すのはあっという間かもしれません。

くわ野 

今日はQサイトの最終コラムで簡単におススメした鮨屋についてもう少し詳しく書いてみます。
赤坂の街場寿司屋出身の主人と女将の8席の小さな店です。「久兵衛本店」の隣のビルに独立店を出す決意をした主人の大胆さに私は驚きました。
この店は前もっての一人客の予約を受け付けません。電話で日時を言ってから訪問人数は一人だと告げると急に女将の口調が変わります。そして絞るような声色で「一杯です」。
ではその週の空いている日に行きたいからその曜日を教えてくれと申し込んでも、女将は答えを濁してはっきり返事をしません。これは「松波」と同じく、一人客を歓迎しないのだろうと察してその日はあきらめました。
思ったとおりで、翌日知人に頼んで最初に断られた日を2名で申し込んだらあっさり予約が入ってしまいました。なぜ最初から潔く「一人客御免」を宣言しないのか。雑誌では一切そのようなことは述べておりません。8席のカウンターだけのキャパなので、端数が残ると売上減となるので嫌がっているのか。それとも、オタクやネット評論家は一人客が多いという事で避けているのか。雑誌にあるにこやかな夫婦からは想像できない「一人客撃退」に私は憤慨したのです。小細工せず、一人客がいやならはっきり宣言しろと。
ネガティヴな先入観をもって店を訪れたのですが、ツマミも含めてタネ質は悪くなく、酢飯とタネのバランス取れた握りでありました。ツマミも結構充実していて、鮨タネとかぶらないものも多い。酒飲みでもゆっくりと楽しめるでしょう。海老が?でありましたが、あとは炙った穴子、煮ハマ、ヅケ、コハダと仕事物も含めて満足しました。
やはり鮨は修行店の良し悪しではなく、主人のタネ質への拘りを含めた心意気に左右されるものなのか。やれ有名店やホテルで修行したとお題目唱える鮨店に勝るとも劣らない街場寿司出身の店がでてくるのは、鮨業界の活性化にもつながるでしょう。名前だけではなく、今現在仕入れているタネ質や仕事ぶりが大事だということです。
煮きりを青魚用も入れて2種用意しているのも面白く、タネ数も豊富で一人2万数千円。一人で行けないのが難点ですが、数ヵ月後に再訪してしまいました。
※メール投稿機能を設置してから励まし、ご指摘と色々なお頼りをいただきありがとうございます。すべての方にお返事を差し上げているつもりですが、中には返信が跳ね返ってくる場合があります。
アドレスの入力を2回にして打ち間違えを防止していますが、せっかくお忙しい中メールを打っていただいているですからお返事は差し上げたいと思いますので、アドレス入力はより慎重にお願いします。